渡辺徹の死因は敗血症で激痩せ!病気(病歴)は糖尿病で人工透析も

  • URLをコピーしました!
当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

2022年12月2日、俳優の渡辺徹さんが亡くなったとの報道が。

最近テレビで見かけなくなっていた渡辺徹さんに一体何があったのでしょうか?

今回は、渡辺徹さんの死因や病歴について調べてみました。

目次

【訃報】渡辺徹が死去!世間からは悲しみの声が

人気俳優の古谷一行さんが、2022年12月2日にお亡くなりになりました。

所属事務所が2022年12月2日に発表したことで、明らかになりました。

渡辺さんの死について「文学座所属 渡辺徹(わたなべとおる/本名同じ)が、11月28日21時01分敗血症のため逝去いたしました。

享年61。11月20日(日)に発熱、腹痛等の症状が出たため都内の病院に受診したところ、細菌性胃腸炎の診断を受け直ちに入院いたしました。

その後に敗血症と診断され、加療いたしましたが回復が叶いませんでした」と報告。

https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2022/12/02/kiji/20221202s00041000387000c.html

61歳という若さでこの世を去った渡辺徹さん。

味のある演技で、多くの人を魅了した名俳優でしたね。

数々の名作を残してくれた人気俳優の訃報に、世間からは悲しみの声が溢れています。

渡辺徹の死因は敗血症!病気(病歴)は糖尿病で人工透析中だった?

渡辺徹さんの死因は敗血症だったことが明らかになっています。

敗血症とは、感染症への反応が制御不能に陥ることで生命を脅かす臓器機能障害が生じる臨床症候群である。

渡辺徹さんは以前より糖尿病を患っていたことで知られています。

群馬大学の研究によれば、糖尿病患者は敗血症の時の死亡率が高いとされています。

肥満や糖尿病では、敗血症(重症な細菌感染)の時にS100A8という免疫を調節する分子を作り出すことができず、死亡率が高くなることがわかりました。

https://www.gunma-u.ac.jp/information/143734

渡辺徹さんは若い頃、かなり太っていました。

若い頃は、マヨネーズが大好きな『マヨラー』として知られ、1日6000キロカロリーを摂取するのも当たり前の食生活を送っていた渡辺徹さん。

この影響からか、わずか30歳で急性糖尿病を発症

しています。

その後も、急激なダイエットやリバウンドを何度も繰り返していました。

近年では、妻の榊原郁恵さんのサポートもありましたが、隠れて暴飲暴食を繰り返していたことも。

支え続ける榊原郁恵さんのサポートにより、体重も落としスリムになっていましたが、多くの病におかされました。

2012年には虚血性心疾患で6時間の手術

2013年には膵炎で入院

2021年4月には大動脈弁狭窄症の手術

を受けるなど、悩まされてきました。

また、糖尿病を起因とする慢性腎不全のため、週3回の人工透析を受けていた。

体調はかなり悪かったと言えそうですね。

渡辺徹が糖尿病で激痩せしてた?

糖尿病を患ってから、食事制限や運動などで、50キロ以上も痩せた渡辺徹さん。

食事制限や運動するなど、かなり努力をしていたようですが、若い頃の暴飲暴食は思った以上に体に影響を与えていたようです。

また週に人工透析をしていたこともあり、痩せていた可能性も高そうです。

激痩せした渡辺徹

かなり痩せてしまっているのが分かりますね。

まとめ

今回は、渡辺徹さんの訃報や死因についてお伝えしました。

芸能界もまた名俳優を失ってしまいましたが、ファンの間で渡辺徹さんの名演技はこれからも生き続けることでしょう。

心からご冥福をお祈りいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次